女性特有の悩み「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」を改善するために

HOME » 多嚢胞性卵巣症候群とは » その原因は

その原因は

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の原因について紹介します。 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の原因

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とはどのような病気か多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の原因は諸説あるようですが、未だにその原因は、はっきりと解明されていません

現在、考えられているのは、内分泌異常遺伝子説、インスリン抵抗性による糖代謝の異常肥満ストレス卵巣の形態的変化副腎の問題など。これらの原因は、単一ではなく複数が重なり合って発症するとも言われています。

治療においても、PCOSの患者すべてに同じ治療法を行うのではなく、その病態によって治療方法を決める必要があります。

下記に、原因と考えられる主な症状についてまとめてみましたので、参考までにご覧ください。

ホルモンの内分泌異常

卵胞を発育させるためには、視床下部→脳下垂体→卵巣というホルモン分泌の伝達が必須。脳下垂体からLH(黄体化ホルモン)とFSH(卵胞刺激ホルモン)が出て卵巣に働きかけることで、卵胞が成長します。

しかし、多嚢胞性卵巣の場合、LHの分泌が増えることで、FSHとのバランスに不調和が起こり、卵胞がうまく発育しません。エストロゲン生産が低下して、アンドロゲン産出が増加してしまうのです。

排卵ができないと、排卵させるためにLHがどんどん分泌されるため、さらに乱れがひどくなるという悪循環に陥ってしまいます。

アドレナーキ説

子供から大人への成長の過程で、6~8歳頃以降、大人になるためのホルモンが分泌されるようになります。しかし、このホルモンが思春期を通して過剰に生産されると、PCOSの原因になると考えられているのです。これをアドレナーキ説と言います。

PCOSの症状に、男性ホルモンの高値、多毛化等がありますが、アドレナーキ時期に分泌されるホルモンこそ、副腎由来するアンドロゲン(DHEAなど)なのです。

  • アンドロゲン
    男性ホルモンの総称です。主に男性の精巣から分泌されますが、女性の副腎皮質や卵巣からも作られます。高アンドロゲンの状態になると、卵胞の発育障害が起こりやすくなる他、卵の質や着床率の低下につながると考えられています。女性の体内に分泌される男性ホルモンには副腎性と卵巣性のものがあり、ホルモンが過剰に分泌されると、「排卵障害」の原因となる可能性があります。卵巣性の男性ホルモンには、「アンドロステンジオン」や「テストステロン」等が挙げられます。
  • DHEA
    デヒドロエピアンドロステロンの略語で、副腎から分泌される性ステロイドホルモンのことを指します。DHEAは女性ホルモンや男性ホルモンの製造に関わっており、同じく副腎性の男性ホルモンに、デヒドロエピアンドロステロンサルフェイトDHEAS)があります。

遺伝的要因

PCO患者の遺伝子のX染色体の構造や数に異常が見られるという報告が上がっています。PCO患者の姉妹や両親には、極端に体毛が濃かったり、肥満であるなど遺伝子的な要因が見られることもあります。

欧米では、多毛や肥満、声の低音化、にきび、陰核肥大などの出現率が顕著ですが、日本では欧米ほど極端な症状となって表れることは少ないようです。

肥満の影響

日本産科婦人科学会の報告によると、PCOS患者の肥満頻度は20%。また、別の報告では、肥満女性のおよそ50%に無月経、稀発月経などの月経異常が見られるといいます。

肥満が多嚢胞性卵巣(PCO)を起こしてしまう原因としては、男性ホルモンの高値が脂肪を蓄積させる効果を発揮してしまうこと、または、インスリン抵抗性が脂質代謝の異常を引き起こすことなどが考えられています。

インスリン抵抗性による糖代謝の異常

近年、PCOは、インスリンと関係しているとも考えられており、インスリンの分泌量が過剰になったり、分泌されたインスリンが正常に働かなくなることで、体重が増えたり、減量が困難になる傾向があります。

多嚢胞性卵巣になったことで、インスリンがグルコース(食事から摂った糖)を体のエネルギーにしようとする働きを止めてしまうのです。これによって、肥満になりやすくなったり、月経異常や男性化が起こるのでは、と考えられています。

ストレスによる影響

最近では、過度なストレスにより排卵障害を引き起こすケースも増加しています。

一見、PCOSとストレスは関連性が無いように思えますが、ストレスは脳に影響を与えるため、ホルモンの分泌が乱れ、排卵のメカニズムにも狂いが生じると言われています。

 
ページの先頭へ
多嚢胞性卵巣症候群の改善ガイド