女性特有の悩み「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」を改善するために

HOME » 多嚢胞性卵巣症候群と不妊症の関係

多嚢胞性卵巣症候群と不妊症の関係

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と不妊の関係や、不妊治療の方法などをまとめています。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)を原因とする不妊症について

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とはどのような病気か妊娠希望でクリニックを訪れ、初めて「多嚢胞性卵巣症候群(他嚢胞性卵巣症候群)=PCOS」という言葉を聞いた方がほとんどではないでしょうか。

実は、生殖年齢にある女性のおよそ20%が多嚢胞性卵巣(PCO)を持っていると言われるほど、この病気を患っている人は多く、ほとんどの人は症状が表に出づらいため、産婦人科を訪れるまで病気に気づかないのが現状です。

しかし、多嚢胞性卵巣(PCO)は放っておくと、次第に悪化し、気付いた時には重度の不妊症で苦しむことになるかもしれない怖い病気。この病気の特徴は、排卵が起こりにくいことなので、生理周期が長めだったり、生理が数か月に1回しか来ないなどの体の異常に気付いたら、まずはすぐに医師の診断を受けてみることが大切です。

そして、もしもPCOあるいはPCOSの診断が下されたら、その時は、すぐに治療を開始しましょう。なるべく早く始めることで、病状の悪化を防ぐことができますし、不妊に悩まれる方にとっては、妊娠の可能性に近づけるのですから。

各ページでは、多嚢胞性卵巣症候群の様々な情報を分かりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 
ページの先頭へ
多嚢胞性卵巣症候群の改善ガイド