女性特有の悩み「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」を改善するために

HOME » 多嚢胞性卵巣症候群と不妊症の関係 » 主な薬物療法

主な薬物療法

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の薬物治療で使用される主なものを紹介します。 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の薬物療法

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とはどのような病気か多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療法には、手術療法と薬物療法がありますが、ここでは、排卵誘発剤を使用して人工的に排卵を起こしやすくする薬物療法についていくつか解説します。

クロミフェン療法

クロミフェンとは、経口製の排卵誘発剤の総称で、最も広く処方されているのは「クロミッド」という商品名の薬になります。クロミッドの他にもセロフェン、オリフェン、フェミロンなどがありますが、どれも効果は同じです。

PCOS治療時の排卵誘発の最初の治療法として選ばれるのがクロミフェン療法で、「第一度無月経」と呼ばれる軽度の排卵障害に有効。PCOS患者のクロミフェン療法による排卵誘発率は70~80%程度となり、そのうち妊娠率は10~30%と考えられています。

クロミフェン療法は、視床下部に働きかけ、LHとFSHを分泌させて排卵を起こすのですが、直接的には「排卵させる効果よりも卵を成熟させるための薬」と覚えておくと良いでしょう。たくさんの未熟な卵胞の中から1つの主席卵胞を作り出し、卵巣の外に送り出します。

メトフォルミン療法

PCOSでは、インスリン抵抗性改善薬であるメトフォルミンを服用することで、排卵率や妊娠率が向上すると言われています。また、初期流産を減少させる効果もあるため、今後、PCOS治療の大きな選択肢の1つとなっていく可能性があります。

PCOS患者のインスリン抵抗性を調べると、血糖値や糖代謝に異常があることが多く、インスリン抵抗性が高インスリン血症を引き起こし、さらには高アンドロゲン血症を引き起こす原因となり得ます。メトフォルミンには、アンドロゲン(男性ホルモン)の過剰分泌を抑える効果があるため、インスリン抵抗性にはとても有効な薬です。

hMG-hCG療法

hMG-hCG療法(ゴナトロピン療法)は、クロミフェン療法が効かなかったり副作用が出てしまった場合い、排卵誘発の選択肢となります。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)患者のうち、hMG-hCG療法で排卵する確率は70%程度、妊娠率は30%程度と言われており、現在PCOSの治療としては最も有効な方法と考えられています。

hMG-hCG療法で特に大切なのは、hMG内に含まれるFSHという成分で、卵巣に働きかけて質のいい卵子を育成します。また、hMG内には卵を排卵させるきっかけを作るLHも入っていますが、排卵前の卵の成長段階でLHが多すぎると逆に卵が育たないため、近年では、できるだけFSHからLHを取り除いた薬が多く作られています。

薬物療法の副作用

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とはどのような病気か排卵を起こすのに非常に有効な薬物療法ですが、やはり人工的なものには、副作用の危険が少なからず存在します

クロミフェン療法の場合、数周期以上にわたって使用すると、子宮内膜が薄くなったり頸管粘液が減るなどの抗エストロゲン作用が起きる心配がありますし、hMG-hCG療法では、卵巣が腫れあがって腹水や胸水が溜まってしまうOHSS(卵巣過剰刺激症候群)になる確率が10%と、とても高いことが気になります。

また、排卵誘発の治療を長期間続けると、脳下垂体や卵巣子宮が消耗疲弊して、元々質が良いと言えない卵子の質がますます低下し、変性卵が増えたり、空包が増えたりして、より妊娠しづらくなってしまうことがあるのです。

質の良い、生命力に溢れた卵でなければ、せっかく排卵されても受精・着床につながらないため、妊娠が成立しないのです。

ドクターの意見を伺って、排卵誘発の治療を行うことはもちろん大切なことですが、体の根本を改善して健康に保ち、子宮や卵巣を元気にした状態で治療を行うことが、不妊治療においては最も重要なことと言えます。

 
ページの先頭へ
多嚢胞性卵巣症候群の改善ガイド