女性特有の悩み「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」を改善するために

HOME » 多嚢胞性卵巣症候群と不妊症の関係 » 自然妊娠の可能性

自然妊娠の可能性

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)患者の自然妊娠の可能性についての解説と、実際に自然妊娠をした経験のある方の生の声をお届けします。 

自然妊娠経験のあるPCOS患者の声

PCOS患者の声度の多嚢胞と診断され、生理も年に2回あれば良いというくらいしかなく、人工授精までステップアップしたのですが、妊娠には至りませんでした。精神的に疲れたのでしばらく不妊治療を休み、その間、太め体系が排卵を起こしにくくさせるということから、ダイエットに励むことにしたんです。すると、ダイエットの成果が少しずつ出てきた数か月後、なんと自然妊娠!本当に嬉しかったです。(20代女性)

PCOS患者の声PCOSで不妊治療を続けて3年。タイミング法から人工授精、体外受精へと進みましたが治療途中で過剰卵巣刺激症候群(OHSS)になってしまい、薬漬けの生活に疲れ果てて中断。鍼治療で体作りに専念することにしました。3カ月治療を続けた所、基礎体温が安定しだし体調も良好に。そろそろ体外受精を、と思った矢先に自然妊娠していることが判明しました。やはり、体の状態を整えることが一番大切だと思いました。(30代女性)

PCOS患者の声は、FSHの分泌量がかなり低く、卵子が育たず排卵できない体でした。その状態を放置しておくと平気で半年くらい生理が来ないことも。不妊専門病院でPCOSを診断されてから、そこでは治療を受けなかったのですが、色々調べて、大豆イソフラボンが女性ホルモン様物質だと知ったので、サプリメントで摂取し始めたんです。そして、基礎体温と排卵痛を頼りに自己流でタイミング法を実践。40歳で赤ちゃんを産むことができました。自分の体をよく知ること、まずはそれからだと思います。(40代女性)

PCOS患者の声在妊娠4ヶ月です。私はPCOと診断されてから、妊娠を希望していない期間はピルを飲んで卵子を温存していました。結婚後、妊娠を希望しだしてからは基礎体温、おりもの、腹痛から排卵のくせを自分なりに探る癖をつけ、妊娠に至ることができました。周期も45日以上あり、タイミングが計りにくかったのですが、おりもの状態や排卵期の腹痛などをメモすることで、体温があがって2~3日後に排卵しているようだな、と気づくことができたんです。PCOは進行性と聞いてすごく焦りましたが、本気で体外受精や人工授精を考えようしていた矢先に妊娠できたので、とても喜んでいます。(20代女性)

PCOS患者の声PCOSと診断され、第1子は体外受精によって恵まれることができました。ところが、長男を出産してから1年半後、なんと自然妊娠していることが判明!どうしてだろう、と考えてみたら思い当たるのは、長男とともによくお散歩したり、湯船につかるようになったり、早く寝るようになったこと。すべては規則正しい生活を送るようになったおかげかな、と。健康な体にしてくれた長男に感謝しつつ、第2子の出産を心待ちにしています。(30代女性)

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)患者の自然妊娠

実際に多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)患者で自然妊娠を経験された方々の声もあるように、PCOSでも自然妊娠をすることは不可能ではありません

ただし、それは、たまたま運良く良質な卵子が排卵されて精子と出会うことができた場合か、あるいは充分な睡眠や栄養バランスの良い食事、適度な運動をするなどして日常生活の改善に取り組み、妊娠しやすい体内環境・ホルモン環境を整えることができた場合のみ。根本的な体質改善ができて、はじめて起こり得ることでしょう。

しかし、確率は低くとも、努力をして体が整えば、自然妊娠も無理ではないのです。望みがあるのなら、努力のし甲斐もあります。PCOS患者の不妊にとって、不規則な生活や栄養の偏り冷えや肥満、ストレス等は大敵ですので、まずはそれを解消することから始めてみましょう。

冷え性がひどくて、自努力ではなかなか効果の表れない方には、体の芯から温めてくれる効果があり、血流も良くなって、排卵の可能性が上がる漢方薬の服用もおすすめですよ。

 
ページの先頭へ
多嚢胞性卵巣症候群の改善ガイド